日本の七十二候と楽しむ -旧暦のある暮らし-
白井明大 著より

初候 玄鳥至る(つばめきたる)
(新暦ではおよそ4月4日~8日)
海を渡ってつばめが南からやってくるころ
また去年の巣に戻ってくるだろうかと気にかけたり。。。

次候 鴻雁北へかえる(がんきたえかえる)
(新暦ではおよそ4月9日~13日)
日が暖かくなり雁が北へ帰っていくころ
夏場はシベリアへまた秋には日本へ渡ってきます

末候 虹始めて見る(にじはじめてあらわる)
(新暦ではおよそ4月14日~19日)
春の雨上がり、空に初めて虹がかかるころ
これから夏にかけて夕立の後に数多く見られる季節です