日本の七十二候と楽しむ -旧暦のある暮らし-
白井明大 著より

初候 雀始(はじ)めて素(す)くう
(新暦ではおよそ3月20日~24日)
雀が枯れ草や毛を集め、巣をつくりはじめるころ
瓦の下や屋根のすきまなどひょっこり顔をのぞかせます。

次候 桜始めて開く
(新暦ではおよそ3月25日~29日)
その春に初めて桜の花が咲くころ。
古来 人は桜を愛で数々の歌を詠んできました。

末候 雷乃(かみなり)声を発(はっ)す
(新暦ではおよそ3月30日~4月3日ころ)
春の訪れを告げる雷がなりはじめるころ。
恵みの雨を呼ぶ兆しとしてよろこばれたそう