日本の七十二候と楽しむ -旧暦のある暮らし-
白井明大 著より
 
啓蟄(けいちつ)

初候 蟄虫(すごもりのむし)戸(と)を啓(ひら)く
(新暦ではおよそ 3月5日から9日ころ)
冬ごもりしていた虫が姿を現わし出すころ。
虫にかぎらず、さまざまな生きものがめざめはじめます。

次候 桃(もも)始(はじ)めて笑(わら)う
(新暦ではおよそ3月10日~14日ごろ)
桃のつぼみがほころび、花が咲き始めるころ。
花が咲くことを昔は 笑うといっていました

末候 菜虫(なむし)蝶(ちょう)と化(か)す
(新暦ではおよそ3月15日~19日ごろ)
冬を過ごしたさなぎが孵化し蝶に生まれ変わるころ。
やわらかな春の日を浴びて、羽がみずみずしく輝きます